乳酸菌 ビフィズス菌 違い

 

乳酸菌もビフィズス菌もおんなじでしょうか?
違うなら乳酸菌 ビフィズス菌 違いはどこのあるのでしょ!

 

一番大切なのは
お腹の健康を腸内細菌で守ってもらうこと
そして健康な腸内フローラを作ることですね
ビフィズス菌で健康管理ですることですね
善玉菌がお腹の中で増えると大腸菌やウェルシュ菌とか言った有害菌が増加します
善玉菌がお腹の中、腸内環境で増えると有用菌が増加し善玉菌も活性化せてくれます
弱弱しいお腹の善玉菌より、強くたくましい活性化された善玉菌が多くなることは健康管理に大変重要なポイントですね
お腹には乳酸菌やビフィズス菌が1000兆個も生息しているのです
その種類は1000種類とも言われるほど膨大な数です

 

ところで乳酸菌は乳から乳酸や酢酸を産生します
乳酸菌は善玉菌であり人にとって有益な働きをするので有用菌と言われているのです

 

ビフィズス菌は大腸で生息しており酸素がないところでも生息できる善玉菌です
ビフィズス菌は人間や動物の腸内に生息しています
酸素があると育成できない体質です

 

ビフィズス菌は加齢により減少していきます

 

ビフィズス菌が減少すると、悪玉菌が増えるわけです

 

悪玉菌が活発化すると腸内環境バランスが壊れ疾病が発生しやすくなります
ビフィズス菌は腸内に生息する善玉菌ですから

 

ビフィズス菌を活発化するためにも

 

ビフィズス菌を補充してあげましょう

 

逆に、乳酸菌は腸管内で長く住むことができません
乳酸菌も継続的に摂取することを推奨されています