MENU

乳酸菌 ビフィズス菌 違い

乳酸菌もビフィズス菌もおんなじでしょうか?
違うなら乳酸菌 ビフィズス菌 違いはどこのあるのでしょ!

 

一番大切なのは
お腹の健康を腸内細菌で守ってもらうこと
そして健康な腸内フローラを作ることですね
ビフィズス菌で健康管理ですることですね
善玉菌がお腹の中で増えると大腸菌やウェルシュ菌とか言った有害菌が増加します
善玉菌がお腹の中、腸内環境で増えると有用菌が増加し善玉菌も活性化せてくれます
弱弱しいお腹の善玉菌より、強くたくましい活性化された善玉菌が多くなることは健康管理に大変重要なポイントですね
お腹には乳酸菌やビフィズス菌が1000兆個も生息しているのです
その種類は1000種類とも言われるほど膨大な数です

 

ところで乳酸菌は乳から乳酸や酢酸を産生します
乳酸菌は善玉菌であり人にとって有益な働きをするので有用菌と言われているのです

 

ビフィズス菌は大腸で生息しており酸素がないところでも生息できる善玉菌です
ビフィズス菌は人間や動物の腸内に生息しています
酸素があると育成できない体質です

 

ビフィズス菌は加齢により減少していきます

 

ビフィズス菌が減少すると、悪玉菌が増えるわけです

 

悪玉菌が活発化すると腸内環境バランスが壊れ疾病が発生しやすくなります
ビフィズス菌は腸内に生息する善玉菌ですから

 

ビフィズス菌を活発化するためにも

 

ビフィズス菌を補充してあげましょう

 

逆に、乳酸菌は腸管内で長く住むことができません
乳酸菌も継続的に摂取することを推奨されています

 

 

便秘 乳酸菌サプリ!

便秘 乳酸菌サプリ!生きたまま腸まで届くビフィズス菌を増やす毎日快適バランス習慣
ビフィズス菌が生きたまま腸まで届く便秘 乳酸菌サプリ

 

飲みやすい、毎日手軽に取りやすい1 包に、ビフィズス菌 50 億個

 

毎日補給すれば、体内のビフィズス菌は増えます!

 

加齢や日常のストレス、食生活の乱れなど、様々な要因でビフィズス菌は減少

 

ビフィズス菌を増やすことで、毎日快適バランス習慣を目指しませんか?
ヨーグルトに含まれる乳酸菌
乳酸菌はヨーグルトだけでなく、さまざまな食品に含まれています。

 

たとえば、しょうゆ、みそ、日本酒など、日本特有の発酵食品にも
含まれています。

 

ヨーグルトで乳酸菌を取るメリットは、同時にカルシウムも取ることが
できるところだと思います。
最近は様々な乳酸菌を含んだヨーグルトが発売されているので、
自分が求める効果がありそうなヨーグルトを選ぶこともできます。

 

乳酸菌は胃酸によって消化されずに腸に届き、腸内で増殖します。
その際、糖質などを分解して、腸内を酸性にする、乳酸や酢酸を
つくります。
この酸性の環境を悪玉菌は嫌うので、腸内の環境が健康に保たれるそうです。

 

また、大腸を刺激して、蠕動運動を活発にする作用があります。
便秘になると、腐敗した悪玉菌が腸内に長く留まることになるので、
さらに腸内環境が悪化し、さらに便秘が進む悪循環に陥ることもあります。

 

アラフォー世代になると、カルシウムの不足が進みます。
骨のカルシウムが血中に溶け出してしまうそうです。
不足が進むと骨粗しょう症になってしまうこともあります。

 

ヨーグルトを毎日食べて、乳酸菌とカルシウムの両方を積極的に取りたいと思っています

 

 

 加齢に伴い、「スッキリしない」が続いている方へ
99%生きて腸まで届く枯草菌(C-3102株)とは?
悩みをお持ちの方へ!
 ・若い頃は毎日スムーズだったのに。
 ・快調でないことが増えてきた。
 ・正直な所、ずっと溜まっている。

 

『嘘みたいに毎朝どっさり』『2ヵ月で10kg減!?』『お肌がツヤツヤ♪』
     耐熱性乳酸菌7種を、特許製法コーティングカプセルに配合
         だから本当に腸まで届くのです

 

腸内フローラと善玉菌の関係

 

乳酸菌で腸内フローラが改善されるのか?

 

腸内細菌のバランスが崩れると悪玉菌が増加し、日和見菌が善玉菌から離れ、悪玉菌の味方になると言われています

 

乳酸菌は善玉菌の代表格ですから、善玉菌が体内環境で活性化することは、健康維持に役立つことになるのです

 

 

 

更新履歴