MENU

カスピ海ヨーグルト

我が家では、カスピ海ヨーグルトを毎日食べています。なぜカスピ海ヨーグルトにしているかというと、牛乳で増やしやすいという点で選んでいました。せっかく毎日口にしているヨーグルトのことをもう少し知りたいとカスピ海ヨーグルトについての知識を学びまました。

 

カスピ海ヨーグルトの特徴は何と言っても独特の粘りがあり、酸味が少ないです。
とても食べやすくて子供達も大好きなヨーグルトです。

 

カスピ海ヨーグルトはどんな乳酸菌でできているのでしょうか?
カスピ海ヨーグルトは、クレモリス菌FC株という名前の乳酸菌でできているようです。
この菌の特徴は、大腸まで乳酸菌が届くみたいです。他の菌よりも生名力が強い菌なのです。

 

 

毎日食べたりジュースにしたり料理に使ったりしているので、我が家では便秘知らずです。
便秘以外にも、このクレモリス菌はとても優秀な菌みたいなのでご紹介します。

 

優秀な点その1:コレステロール値の低下に効果
クレモリス菌から作られるカスピ海ヨーグルト特有の粘り成分EPSが血糖値の上昇をゆるやかにする効果があり、コレステロール値が気になるかたにとっては嬉しい食材です。

 

優秀な点その2:ストレスによる肌荒れの改善
女性は肌の状態を常に気にしていますよね。毎日の生活でかかったストレスが肌に及ぼす影響も大きいのですが、クレモリス菌から作られる粘り成分EPSは肌荒れを改善するようです。

 

優秀な点その3:免疫力アップ
免疫細胞にEPSが働きかけ免疫力がアップすることがわかっています。日頃から体に入れて免疫力が下がらないように気をつけたいですね。

 

こんなに良いことがたくさんあるのですが、注意も必要です。
植物性の乳酸菌は腸に定着することが難しいので、毎日続けて摂らないといけない点です。
毎日食べ続けていると飽きてしまうので、工夫しながら続けたいですね。

 

我が家では、ヨーグルトプラス蜂蜜、ヨーグルトプラスアボカドプラス蜂蜜、で食べることが多いのですが、夏になると、ヨーグルトと水と桃や梨、りんごといったフルーツをジュースにして飲みます。涼しくなってくると、温めたバナナとヨーグルトを食べるようにしています。

 

またドレッシングで食べることもあります。
毎日づづけることが大切なので、少しづつ色々なシーンで食べたいですね。